正しい知識と対応を身につけよう!

 毎年冬を中心に猛威を振るうインフルエンザ。普通のかぜとは異なり、何日も学校や会社を休まなければならないだけでなく、高齢者や乳幼児、持病のある人などは重症化しやすく、命にかかわることもあります。
 インフルエンザにかからない、うつさないためには、一人ひとりの心がけが大切です。正しい知識と対応を身につけ、流行に備えましょう。

?

今シーズンのインフルエンザ

国立感染症研究所感染症疫学センターによると、季節性インフルエンザには毎年、人口の1割から2割が感染しているそうです。

詳細を読む

重症化リスクの高い人のために

重症化リスクの高い人がインフルエンザに感染したら、すべて重症化するわけではありませんが、重症化予防には、早めの対応が大切です。

詳細を読む

自宅療養のポイント

熱が下がっても、インフルエンザの感染力は残っています。少なくとも熱が下がってから2日目までは外出しないほうがよいでしょう。

詳細を読む
?