厚生労働省は1月11日、2019年第1週(2018年12月31日~2019年1月6日)のインフルエンザの発生状況を発表しました。

 定点医療機関1施設当たりの報告数(1週間当たり1つの医療機関で診察した患者数)を都道府県別にみると、岐阜県(49.12)、愛知県(46.42)、北海道(33.57)、高知県(30.10)、沖縄県(28.53)と続き、全体では16.30となりました。
 定点医療機関からの報告をもとに推計した1週間の患者数は約58.6万人となり、前週(約44.6万人)より増加しています。

 インフルエンザウイルスに感染すると、1~3日程度の潜伏期間を経て38度以上の高熱、全身のだるさや関節痛、激しい頭痛や悪寒などの全身症状が現れます。自宅で安静にしていれば症状は1週間前後で治まりますが、乳幼児等ではまれに急性脳症を、高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を併発するなど、重症化することもあります。
 以下のような症状がある場合はすぐに医療機関を受診してください。

小児
・呼吸が速い、息苦しそうにしている
・顔色が悪い(土気色、青白いなど)
・嘔吐や下痢が続いている
・落着きがない、遊ばない、反応が鈍い
・症状が長引いて悪化してきた

大人
・呼吸困難または息切れがある
・胸の痛みが続いている
・嘔吐や下痢が続いている
・3日以上、発熱が続いている
・症状が長引き悪化してきた

 熱が下がっても体内のウイルスが消えたわけではなく、人にうつす危険性も残っています。解熱後少なくとも2日間は外出を控え、その後も外出時はマスクをつけましょう。