厚生労働省は2月8日、2019年第5週(2019年1月28日~2月3日)のインフルエンザの発生状況を発表しました。

 定点医療機関1施設当たりの報告数(1週間当たり1つの医療機関で診察した患者数)を都道府県別にみると、埼玉県(65.68)、新潟県(62.51)、宮城県(58.77)、千葉県(56.89)、大分県(52.14)の順で、全体では43.24となりました。
 現在の調査方法になった1999年以降で過去最多を記録した前週の57.09からは減少したものの、依然として警報レベル(30.0)を大きく上回り、引き続き徹底した予防対策が欠かせません。
 なお、定点医療機関からの報告をもとに推計した1週間の全国の患者数は約166.9万人、今シーズンの累計受診数は推計約931.0万人となりました。

 もしもインフルエンザにかかってしまったら、可能な限り自宅で安静にしてください。ただし、重症化しやすい人(乳幼児や高齢者、の慢性の持病、糖尿病や腎臓、呼吸器などに持病のある人など)や、受験など重要なイベントが控えている人は、発症後48時間以内を目安に医療機関を受診するとよいでしょう。

 なお、熱が下がっても体内にはウイルスが残っています。この状態で人の集まる場所に行くと、新たな感染を起こしてしまう危険もあります。最低でも解熱後2日間は自宅で様子を見ましょう。その後外出する際には、マスクをして他人にうつさないよう気をつけましょう。