インフルエンザの感染が拡大しています。1月10日の厚生労働省の発表によると、2019年52週(12月23日~29日)の定点医療機関1施設当たりの報告数(1週間当たり1つの医療機関で診察した患者数)は23.24となり、前週(21.22)よりも増加しました。

 この週に報告された患者数は計11万5,002人で、都道府県別の1施設当たりの報告数は山口県(38.39)、秋田県(33.61)、大分県(30.78)、山形県(30.28)、愛知県(29.94)の順となりました。
 全国で警報レベルを超えている保健所地域は151カ所(38都道府県)、注意報レベルを超えている保健所地域は352カ所(全47都道府県)となったほか、定点以外を含む全国の推計患者数は約87.7万人となり、前週の推計値(約76.2万人)から増加しました。

 職場内や学校内、通勤・通学中など、インフルエンザに感染するリスクが高まっており、一層の対策が欠かせません。以下の予防対策と注意事項にご留意ください。

【人にうつさないようにするために】
・「咳エチケット」を守る
・外出はできるだけ控える

【かからないために】
・こまめに手洗いやうがいをする
・出かけるときは、なるべく人ごみを避ける
・十分な栄養と休養をとる

【医療機関を受診する時の注意点】
・事前に電話をして、受診時間や受診に際しての注意事項を確認する
・受診する際には、必ずマスクを着用する